クラブとは違う!ニュークラブの楽しみ方【水商売のお店一覧】

皆様は、ニュークラブという形態のお店をご存知でございましょうか。ある程度夜遊びに慣れた方の中には、ご存知の方も多いのですが、「クラブとは違うお店?」と思われる男性諸氏も多いようでしす。ニュークラブというのは、基本的なシステム面ではキャバクラと同じでございますが、多少の相違点がございます。遊びに行かれた際に戸惑われぬよう、ニュークラブについてご紹介したい次第でございます。

ニュークラブとキャバクラの違うところは「値段」!

ニュークラブとキャバクラの違いですが、両者はシステム面においてはほとんど同じでございます。名前に「クラブ」とついているせいか、高級クラブの料金体系と同じと思われている諸氏が多いようです。ニュークラブは、セット料金を軸に、指名料、ドリンク、ボトルといった、キャバクラと同じ方式で料金計算をしており、基本的にはキャバクラと同じでございます。

しかし1点。キャバクラとは全く違う部分がございます。その唯一の違いと申しますのが価格です。キャバクラとは比べ物にならないくらい高額でございます。ニュークラブの相場は、1セット10,000円から、といったところでございましょうか。サービス料金を込みにすると、12,000円〜15,000円程度は必要です。


引用:https://caba-school.jp/new-club/

ニュークラブを思いっきり楽しみたいなら、お金を多めに持っていくべし

ニュークラブを楽しみたいという男性諸氏には、普段よりも多めの金額を財布に入れておくことをお勧め致します。飲んでいる最中に支払いを気にしていては、せっかくのニュークラブを楽しみ尽くすことなどできません故。

なぜなら、貴方を接待していくれるニュークラブの女性陣は、キャバクラ以上のレベルのキャストばかりだからでございます。クラブほど格式張らず、しかしキャバクラより美しい女性たちとの、知的な会話を求める方には、キャバクラではなくニュークラブが似合うと、私敏郎は考えておる次第です。

(おまけ)北海道ではキャバクラのことを「ニュークラブ」という

蛇足になりますが、最後に豆知識を1つ。北海道でキャバクラに行かれる際は、ご注意をされますようお願い致します。本州でキャバクラと呼ばれる形態のお店は、北海道ではニュークラブと呼称するのです。北海道でキャバクラと呼ばれるお店に行ってしまった場合、全く予想とは違う形態のお店に行くことになってしまいます。

北海道の「キャバクラ」は、本州で言うところの「セクキャバ」だからです。美しいキャバ嬢との語らいを期待してお店の扉をくぐると、大変素敵で濃密な、肌と肌の語らいが始まるのでございます。それはそれで一興ではございます故、北海道を訪れられた際は、1度チャレンジされるのもよろしいのではないでしょうか。

コメントを残す